知っておきたいWebマーケティングの重要性

これから事業の一環に本格的にWebを取り入れようという方や、既に取り入れている方であれば、必ず耳にする「Webマーケティング」と呼ばれる言葉。Webマーケティングとは一体何か?簡単に言えば「Webを使って、顧客が求める商品やサービスを効果的に提供すること」であり、事業においても良い成果をもたらすことが目的であると説明できますが、その概念や手法も様々であり、大変奥が深いものです。昨今、このWebマーケティングの必要性が重要視されています。その背景は一体何でしょうか?主な要因として外部環境の変化と、内部環境の変化があると考えられます。

インターネットの普及とユーザーの多様化による外部環境の変化

インターネットが世に普及するきっかけとなったWindows95の発売から20年余が経過し、今やその存在は我々の生活に欠かせないものとなりました。その利用用途も、メールを中心とした通信用途や趣味範囲での情報発信等に過ぎなかったものが、現在ではネットショッピングや様々な事務手続き、SNSによるコミュニケーション形成など、実社会と何ら変わりのない「もう一つの社会」を形成する程に普及しました。また、パソコンのみならず、携帯電話、今となってはスマートフォンによる利用人口が増加し、幅広い世代の人が、いつでもどこでも利用できるものとなりました。

そういった実情から起こった変化こそ「インターネット利用者の行動が、より賢いものとなった」というものです。例えば、以前は「外出せずに商品を購入できる」という“利便性”のみで利用されていたインターネットショッピングが、現在では「複数のネットショップと実店舗の価格や特典を比較して、最もメリットの高い店舗を選択して購入できる」という、利用者にとって利得の高い利用方法が通例となっています。つまりは、こういった利用者の多様化した行動パターンや心理を、運営者側が把握し、Web戦略として事業の中に取り入れる必要性が生まれたのです。

競合他社のWeb導入や社会情勢の変化に伴う内部環境の変化

インターネット利用者の行動が博識的に高度化していくことによって、その対応に迫られたのが運営者側です。当初は商品やサービスの情報を得るに過ぎなかったインターネットが、時代とともに、価格比較・仕様比較・付加価値の有無・利用者の生の声といった、さまざまな情報を取得する目的に利用され、消費行動の中で必要不可欠なものとなっていったのです。大手企業や感度の高い企業は、これら情勢をいち早くキャッチし、事業の中にWeb戦略を取り入れはじめました。

Web戦略によって、消費者のニーズに応えた企業は、事業に大きな成果をあげることとなり、競合する企業も追随するかたちでWeb戦略を取り入れ始めました。そういった流れの中で、国内Webインフラの整備が進み、「IT革命」や「Web2.0」といった新語の誕生や、携帯通信事業の発展も相まって、インターネットの存在が社会的に定着することとなりました。

このように競合他社や社会状況が変化する中で、本来Webの導入に高い必要性を感じていなかった企業や店舗も、内部戦略として必然的にその導入が重要視されることとなった訳です。

Webマーケティングに対する理解と認識が、事業発展のカギ

かつては、ホームページが存在するだけで何かしらの恩恵が得られる時代もありました。しかし、今となっては、発展的な視点でWebの動向を捉え、戦略的な視点でホームページの運営を行わなければ、成果が得られない時代となりました。さらに、Webの情勢は加速度的に変化を続けています。対応の遅れや運営判断を見誤れば、顧客の他社流出や購入機会の喪失を招くといっても過言ではありません。会社規模や事業内容に関わらず、あらゆる企業・店舗においてWebマーケティングに対する理解と認識を強く持つことが、今後の事業発展のカギであり、重要な課題であるといえます。